FC2ブログ

帯に短し。

大は小を兼ねないお話。


おっぱい

「貧乳が好き」と言うと、

「じゃあ巨乳は嫌いなの?」等と宣ってくる頭のおかしな人が偶に居ますね。

馬鹿なのでしょうか。

脳みそが足りていないのでしょうか。

「貧乳が好き」だとか、「巨乳が好き」だとか言う話は、そもそもの前提として

「おっぱいが好き」という条件を抱えている命題なのです。

ですから、「貧乳が好き」という思想は、別段「巨乳が好き」という思想と対立する思想ではなく、

「おっぱいが好き」∈「貧乳が好き」のように1カテゴリとして属しているものであり、

「貧乳が好き」という思想の持ち主にとって

「貧乳」≧「巨乳」ということはあったとしても、

「貧乳が好き」=「巨乳が嫌い」という図式は必ずしも成り立つものではないのです。

つまり僕は当然の様におっぱいが好きであり、貧乳が好きな人物の一人として歴史上数えられている訳ですが、

同時に「巨乳が好き」な人物でもあるという事実は、前述の事実と相反するものではないのです。

要は「好き」という感情・嗜好を数値化した際の高低程度の問題であり、

「貧乳が好き」だと発言すると「巨乳は嫌いなの?」等とほざくような思考の停止した人間は撲滅すべき対象であり、

「巨乳が好き」だと発言すると条件反射の如く反発するような貧乳過激派の団体も須らく解体されるべきであり、

どちらも「おっぱいが好き」という共通の旗印の下団結出来るのであるからして、

世界平和は容易に達成されるべきものだと私は考えるのです。


更に進んだ話をするならば、

「おっぱいが好き」というお話の中でも、

「貧乳」と「巨乳」というものを直接的に比較するのは非常にナンセンスな話だと僕は思うのです。

「貧乳」と「巨乳」というのは、それぞれ独立した魅力をもつものであり、

同じ「おっぱい」というカテゴリに属してはいるものの、その中で語られるべきもののベクトルは全くもって別なものだと私は考えます。


物事を二極的にしか考えられない無知蒙昧な方々には到底理解出来ないお話かも知れませんが、

「貧乳好き」と「巨乳好き」がそれぞれ醜い争いを繰り広げる必要性というものは物の道理として存在しないので、

各々の持つ魅力を極限まで追求し、双方ともに発展していくのが正しい文化の在り方なのではないでしょうか。


よって改めて宣言したいのは、

私は「貧乳が好き」であり、同様に「巨乳好き」でもあり、

なにより「おっぱいが好き」という思いを此処に強く記したいのでした。


貧乳 書道家が書く漢字Tシャツ貧乳 書道家が書く漢字Tシャツ
()
(ティータイム)T-time

商品詳細を見る

スポンサーサイト



2015年04月26日 | 雑記。 | こめんと 0件 | とっぷ

雑記初め。

久々にブログを書くことにしてみた。

好きなモノを好きなままに、

思ったことを思ったままに思いついた時に更新していこうと思います。

これから、これから。

2015年04月13日 | 雑記。 | こめんと 0件 | とっぷ