FC2ブログ

3人。

ここ最近毎日DVD観てるんです、寝る前に。

流したまま寝てるから毎度後半見切れないで落ちちゃうんだけど。


東京03

先の話と違って、東京03に嵌った切掛はなんだか覚えていません。

元々お笑いが好きで、エンタの神様か何かに出てたのを見て、そこからyoutubeとかで動画漁りしたんだっけかな……

あやふや。


そもそもは現東京03のメンバーである飯塚さんと豊本さんでアルファルファ、というコンビでネタをやっていたようです。

今は無きオンエアバトルにて活躍していたようですね。

アルファルファの頃の話はネット上の動画でしか見たことがないので、嵌ったのは割りと遅い方だと思います。

アルファルファ時代のネタは、豊本さんが独特の不思議な完成でボケて、それに飯塚さんがつっこむ……といった内容のものが多く

ボケの内容が本当に独特すぎて、(それでも好きな僕が言うのもあれなんですけれど)人気があったのが不思議なぐらいでした。

それでもオンエアバトルのチャンピオン大会に幾度も出場し、コンビ自体も8年続いたのだから当初から実力は高かったのだと思います。

然し、当の本人達は二人で出来る事に限界を感じていたようで、元プラスドライバーの角田さんを加えて、2003年に現在の東京03の形が出来上がります。


東京03として、三人でお笑いをやっていくことになったわけですが、

僕はなんだかこの三人という数字が好きな気がします。

というのも、東京03が好きなのはもちろんのこと、tacicaやSyrup16gなど、音楽の方でもスリーピースバンドを好む傾向にあるからです。

お笑いの話に戻れば、「我が家」というトリオも僕はなかなか好きでした。ネタのパターンがあまり多くなく、現在ではメディアで見ることは難しいのですけれども……

そういえばマクロスも三角関係が主題なぐらいですし、よろず屋の銀ちゃんも新八と神楽との三人ですね。


閑話休題。

東京03として三人で活動して、一昨年の2013年で結成10周年。

すごいものです、その前のキャリアも加えると、お笑いを続けてる年数で言えば20年選手なわけです。

そんな東京03ですが、僕は彼らの長尺のネタがものすごく好きなのです。

彼らの作るコントは、日常の人間関係の中に潜む笑いが割合を占めていて、前半は3人の演じるキャラクターの関係を観客に知らせ……中後半でそのキャラクターの性格や行動に於けるおかしさを描いているものが多いです。

人の性格や行動を笑う……という点で、多少ブラックな内容も含まれたりするんですが、彼らのコントには後味の悪さや嫌味な部分を感じることは少ない……と思います。

その辺は人によるのかも知れませんが、少なくとも僕は嫌な印象を受けたことはありませんでした。

というのも、こういうネタを作るのに、人間が好きで、お笑いが好きで、必死に研究して、観察して、努力して……

そういった過程が、背景が感じられるからだと思います。


東京03のDVDには毎回副音声が特典としてついていて、一枚で二度美味しい素敵なものなんですが、

その副音声の中で、コントづくりの裏話や、演出の研究や、苦労した話など、ただ笑えるだけじゃない内容が込められたりしているのです。

その中で何度も語られるのが、(と言っても直接的なものは少ないのですが)

三人じゃないとこのコントは出来なかった、というような話なのです。

三人だから出来る事……ということを、聞いていてファンとしてやっぱり嬉しいし楽しいんですよね。


長尺のネタが多いため、テレビではなかなか露出の少ない東京03なんですが、

その分ライブでの内容はやはり圧巻の一言につきます。

時間も、舞台も、いっぱいに使って観客を楽しませてくれる。

最近では千秋楽でビックバンドを呼んだりと、サプライズもたっぷりだったり。

バナナマンやおぎやはぎ、ラーメンズとの関わりも多く、随所で見られるユニットコントも東京03のファンでいることの楽しみだったりします。


毎度まとめるのが下手なんですがいいんです。

好き勝手に書くんです。

それでは、それでは。

スポンサーサイト



2015年04月15日 | 笑い。 | こめんと 0件 | とっぷ