FC2ブログ

究極の。

今回は漫画の話です。

個人的に今一番展開の熱い。


バキ

作:板垣恵介

バキシリーズの中の二部。

「バキ」のお話です。

お話というか、なんというか。


僕的 バキ ベストバウト

ベスト3を順に書いていきたいと思いますのです。

飽くまで僕の嗜好です。


3位

本部以蔵 vs 柳龍光

本部が強くて何が悪い!!!

バキシリーズに於ける本部以蔵と言えば、最初期に強キャラオーラを出しておきながら、

その後大した活躍もせず、持ち前の解説力によりバキシリーズ屈指のネタキャラと化してしまった――

という印象を大半の読者が持っていました。

解説こそ本部の武器。

本部と言えば解説。

地下闘技場の戦士達と文字通り命がけの戦いを繰り広げる死刑囚編。

そんな血なまぐさい戦いに、本部以蔵が絡んでくるとは誰も想像していませんでした。

そこでこの戦いです。

対 柳龍光です。

合気術を極め、作中でも指折りの実力者である達人 渋川剛気を圧倒するこの実力者。

こんな相手にあの本部が挑むということが、何かの間違いだと誰もが思いました。

結果は読者の予想に反し、本部の圧勝。

地の利、武器の理、そして精神性。

実力で劣るとわかっていながらも、遥か格上を圧倒するその姿に実際僕は魅せられました。

本部が強くて何が悪い。


2位

龍書文 vs ビスケット・オリバ

地下で培われた武。

筋肉への揺るぎなき信仰。

不可拘束 vs アンチェイン。

同様の二つ名を持つ二者の戦い。

寡黙な武士然とした龍書文の魅力は、この僅か一度の戦いで読者の心に響いたと思われます。

構えも取らず、ハンドポケットで、敵が攻撃してから切って落とす。

居合。

その響きに、その姿勢に、恐らく日本人男子であるならば何かを感じざるを得ないと私は確信しています。

対してオリバ。

幾度も、幾度も必殺の居合拳を受けながらも、自らが崇める自らの肉体で受けきるその姿。

策は無く、信じるものは己のみ。

お互い自信の置所は自らの鍛え上げた武器、歩んできた道のり。

結果としてオリバの肉体への信仰が勝った形にはなりましたが、

それ以上に龍書文というキャラクターの魅力が無ければ成立しなかった戦いだと思います。

ぽっと出の人物にここまで強さに説得力を持たせられれる板垣先生に脱帽。

心涼しきは無敵なり。


1位

郭海皇 vs 範馬勇次郎

間違いなし。

究極の武 vs 究極の暴力。

数の上で、中国連合の敗北が確定し、なおそれでも期待をしてしまう……

中国拳法最強の漢、郭海皇。

齢百数十にも達しながらなおその頂に君臨するこの男の実力がどう描かれるのか。

固唾を飲んでページをめくったものでした。

何より、試合開始前の勇次郎の演説が圧倒的魅力。

「過去ッ国手達人と呼ばれた誰もが到達できなかった頂へ」

「生まれ落ちて百と数十余年」

「片時も武を忘れず離れず」

「道を歩みきった漢(おとこ)が存在するッッッ」

「おまえたちは誇っていい」

「郭 海皇は」

「中国拳法そのものだ」


圧巻。


以上。

シリーズとしては、グラップラー刃牙を終えて、リアル路線から遠ざかったというような評価をされていた「バキ」ですが、

死刑囚編、擂台編通して、グラップラー刃牙を凌ぐキャラクターの魅力あふれる作品に仕上がっていると思います。

それぞれの思想があって、それぞれの強さがあって――

正直こういうお話だと、主人公が出てくると理不尽に勝利してしまうので(ストーリーの都合上仕方ないのですが)

群像劇的な、「バキ」に於ける脇役達の戦いは、凡庸な戦い無く一戦ごとに主役がいるかのような素敵さがありました。


現在は刃牙道で烈海王vs宮本武蔵という、また熱い戦いが繰り広げられているようです。

刃牙芸人じゃないですが、そのうち誰かとバキシリーズ語れたら良いなと思います。

グラップラー刃牙 20周年 記念 Right-on 地上最強 コラボTシャツ 範馬勇次郎 VS 郭海皇 Lサイズ グッズ 刃牙 Tシャツグラップラー刃牙 20周年 記念 Right-on 地上最強 コラボTシャツ 範馬勇次郎 VS 郭海皇 Lサイズ グッズ 刃牙 Tシャツ
()
秋田書店

商品詳細を見る

スポンサーサイト



2015年04月26日 | 読書。 | こめんと 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる